URAM-004 のっぺら女



「もし、娘さん…どうかしましたか?」その女は、もう暗くなった道端にしゃがみこみ、まるで誰かに声をかけられるのを待っていたようだ。振りかえると、そこには「顔のない女」が…。その姿を見た物は、誰しも驚き逃げ出す。だがその女には悪意は無く、誰かに触れ、あるいは「見たかった」だけなのかもしれない…。
関連動画
PR
人気動画
ブログパーツ
月別アーカイブ