JUY-306 人生で一番膣奥を貫かれたあの日から…。 織田真子



あの日から、私は夫では二度と満たされない身体になってしまった―。夫が監督を務める工事現場の真っ黒に日焼けした作業員が、まさかあんなに大きな男性器をしているなんて想像もしていませんでした。夫の二倍以上もある男性器をひと目見ただけで激しい目まいに襲われました。それ以来、無数の青筋を立てながら透明な汁をテラテラ垂れ流す異常に反り返った男性器を、思い出しただけでパンティーをグショグショに濡らすのです…。
関連動画
PR
人気動画
ブログパーツ
月別アーカイブ