JUY-474 夫の遺影の前で犯されて、気が狂うほど絶頂した私。 大島優香



それは突然過ぎる別れでした。夫の急死により、一人取り残された私は行き場のない悲しみに暮れていました。そこへ義兄の圭介さんがやってきて欲望のまま、理不尽にも私は夫の遺影の前で犯されました。その後も夫の遺影に許しを請う間もなく圭介さんは肌の温もりを求め、毎日のようにやってきて私の身体を求めるのでした。そして初七日を過ぎたころ、罪悪感が背徳感へと変わり私の身体は圭介さんを受け入れ始めて…。
関連動画
PR
人気動画
ブログパーツ
月別アーカイブ