SPRD-1066 義理の息子 性欲の強い息子にめろめろにされた義母 森下美緒



夫を亡くし田舎で寂しく暮らしていた美緒。娘夫婦に誘われ、最近同居を始めた。娘婿は優しく気遣いしてくれ、美緒は娘夫婦に感謝した。ある朝、ふと婿さんの股間が目に入った。自分の想像を超えた大きな膨らみだった。美緒は冷静を装いつつ、二度見してしまった。ある日お風呂場の脱衣場で婿が自慰をしていた。はっきりとは見えなかったが、白濁液が勢い良く放出される瞬間、美緒の中の女に火が付き始めていた。娘がいない日中、婿は昼寝をしていた。美緒はずっと気になっている婿の股間を観察できるチャンスと思い、静かに婿に近付いた。ボクサーパンツ越しに触れてみると、少しづつ反応し始め窮屈そう。そっとパンツをズラすとビンビンに勃起したアレが姿を現した。美緒はその逞しい姿につい微笑みを浮かべてしまっていた。まるで吸い寄せられるように口に含み頬張る。まだ大きくなろうとする婿棒に口を離し舌先で弄んでみた。美緒は自然と自分の股間を弄りながら、愛おしく勃起した婿棒を味わう。すると婿棒が膨張し美緒の口の中に青臭い白濁液が飛び込んできた。同時に美緒は軽く絶島に達してしまった。吸い尽くすように舐めとると、口の中に広がる精液臭を暫く味わっていた…。
関連動画
PR
人気動画
ブログパーツ
月別アーカイブ